バッグのクリーニング

バック布製のバックは、比較的簡単に洗うことのできる素材が多く、適切なクリーニングを行うことによって、見違えるようにきれいになってきます。しかし、革製バッグの場合、金具が使われていたり、素材が皮革を多く使っており、内側が布やポリエステルなど、違う種類の素材で張り合わされていたりしますので、クリーニングには細心の注意が必要となってきます。

普段のメンテナンスの場合、特に汚れがひどくなければ、革製バッグの素材に合わせたクリーニング方法で、簡単な汚れは除去することができますが、色落ちやシミなどが出てしまった場合、素人では修復すること自体不可能となってしまいます。しかし、ご安心ください。こうした、革製バッグのクリーニングは、専門のリペアショップできれいにクリーニングすることが可能で、多少のトラブルは修復も可能となっています。

専門店では、皮革製品本来の質感を保持しながら、裏表両方のクリーニングを行うことができ、長年の汚れや手あかや皮脂など、様々な汚れを除去してくれます。また、全体の傷や角擦れ、パイピング補修なども可能で、傷や色落ちした部分の色も再生できます。特に思い出深い大切なバックなども、寿命を延ばすことができるのです。

推奨サイト≪靴専科 – バッグクリーニング

革製品の素材と種類

女性のおしゃれの中で、欠かすことの出来ないバッグは、現代社会では収納能力よりも、お洒落やデザイン性が重視されているといってよいでしょう。もちろん、男性のバックよりも女性バックの方がより種類が多く、機能性や美しさにも秀でています。

バックしかし、その素材はかなり多く、加工方法もさまざまな手法で作られているようです。革製品の素材には、ヌメ革・エナメル革・オイルドレザー・ガラス張り革・ブライドル・レザー・型押し革・揉み革・ボーデッドレザー・シュリンクレザーなどといった素材があり、この多彩な種類が多くの美しい革製バッグを生み出しているのです。また、よく似た皮製品バックの種類や技法によって、スエードレザー・ヌバックレザー・バックスキンなどがあり、ひと目で見分けがつきにくいこともあり、そのメンテナンスも種類によって異なってきます。

革製のバックは、使いこんでいくうちに、味わいや風合いが醸し出されてきます。ただし、革製品バッグの素材と種類によって、それぞれに合ったアフターケアが必要で、間違ったケアを行ってしまうと、色落ちやシミなどの原因にもなりかねませんので、金具の部分・比較の部分とそれぞれに正しいケアを行っていきましょう。

バッグクリーニング

カビ革製品は、一般の衣類などとは違い、洗濯することができないため、普段のケアが非常に難しいものです。特に革製のバックは、小物を多く収納しているため、何かと匂いもこもりやすい場合もあります。また、保管も比較的難しく、空気の淀んでいる場所などの収納はカビが生える原因となることもあります。定期的なメンテナンスを行わなければ、短期間でバックが傷む原因を作り出してしまいます

また、スエード素材とバックスキンなど、特殊な素材を使っている場合もあります。素人が手入れを行うのが非常に難しい場合も少なくありません。動物の皮革は、非常に丈夫で長持ちするため、人間は紀元前よりこの動物の皮革を道具として使い、また加工することによって衣類を始め様々な日用品に使用してきました。特に画期的なのは、なめしの技術が確立されたことで、使い続けることによって乾燥しわれてしまう皮革を、なめすことによって軟らかく加工し、耐久性の高い皮革製品を生み出しました。

しかし、皮革製品は非常に水に弱く、適切な手入れをしなければ縮んでしう原因や、ひび割れの原因ともなります。また水を吸ってしまうと、色落ちもしやすくなり、シミや汚れの原因ともなりかねません。意外に知られていませんが、実はこうした革製品はクリーニングすることができ、専門の革製バッグクリーニングを取り扱うショップであれば、さまざまな種類の革製バッグをメンテナンスすることができます。もちろん、日ごろの手入れを行うのも、オーナーとしての役割と言えるでしょう。