バッグのクリーニング

バック布製のバックは、比較的簡単に洗うことのできる素材が多く、適切なクリーニングを行うことによって、見違えるようにきれいになってきます。しかし、革製バッグの場合、金具が使われていたり、素材が皮革を多く使っており、内側が布やポリエステルなど、違う種類の素材で張り合わされていたりしますので、クリーニングには細心の注意が必要となってきます。

普段のメンテナンスの場合、特に汚れがひどくなければ、革製バッグの素材に合わせたクリーニング方法で、簡単な汚れは除去することができますが、色落ちやシミなどが出てしまった場合、素人では修復すること自体不可能となってしまいます。しかし、ご安心ください。こうした、革製バッグのクリーニングは、専門のリペアショップできれいにクリーニングすることが可能で、多少のトラブルは修復も可能となっています。

専門店では、皮革製品本来の質感を保持しながら、裏表両方のクリーニングを行うことができ、長年の汚れや手あかや皮脂など、様々な汚れを除去してくれます。また、全体の傷や角擦れ、パイピング補修なども可能で、傷や色落ちした部分の色も再生できます。特に思い出深い大切なバックなども、寿命を延ばすことができるのです。

推奨サイト≪靴専科 – バッグクリーニング