革製品の素材と種類

女性のおしゃれの中で、欠かすことの出来ないバッグは、現代社会では収納能力よりも、お洒落やデザイン性が重視されているといってよいでしょう。もちろん、男性のバックよりも女性バックの方がより種類が多く、機能性や美しさにも秀でています。

バックしかし、その素材はかなり多く、加工方法もさまざまな手法で作られているようです。革製品の素材には、ヌメ革・エナメル革・オイルドレザー・ガラス張り革・ブライドル・レザー・型押し革・揉み革・ボーデッドレザー・シュリンクレザーなどといった素材があり、この多彩な種類が多くの美しい革製バッグを生み出しているのです。また、よく似た皮製品バックの種類や技法によって、スエードレザー・ヌバックレザー・バックスキンなどがあり、ひと目で見分けがつきにくいこともあり、そのメンテナンスも種類によって異なってきます。

革製のバックは、使いこんでいくうちに、味わいや風合いが醸し出されてきます。ただし、革製品バッグの素材と種類によって、それぞれに合ったアフターケアが必要で、間違ったケアを行ってしまうと、色落ちやシミなどの原因にもなりかねませんので、金具の部分・比較の部分とそれぞれに正しいケアを行っていきましょう。